事務所紹介

ルフェーブル・ペルティエ・エ・アソシエ外国法事務弁護士法人 金塚法律事務所(外国法共同事業)(以下「当事務所」といいます)は、日本における唯一のフランス系法律事務所として、あらゆる規模・国籍の企業を対象に、日本国内及びクロスボーダーの企業法務を支援しています。 当事務所は、全世界に13の事務所を有し、230名以上の弁護士と専門家を擁する、フランスを代表するグローバル・ローファーム、LPA-CGR avocatsの一員です。

LPA Law

業務内容

当事務所の弁護士は、著名なグローバル・ローファームにおける豊富な実務経験を有しています。様々な法域における業務経験と、アジア地域に関する深い知見により、複雑なクロスボーダー取引をサポートするとともに、国内外のお客様の戦略的アドバイザーとしての役割を果たし、プロジェクトを完了まで導くことを目指しています。 欧州への進出・投資を検討している日系企業や、日本やアジア地域での事業拡大を目指す海外企業をはじめ、多国籍企業、個人投資家、スタートアップ、ベンチャー・キャピタル、プライベート・エクイティ・ファンドといった多様なクライアントの利益を守り、実務に即したアドバイスを提供できる体制を整えています。 また、パリ、フランクフルト、シンガポール、香港、カサブランカ、ドバイ等、欧州、アジア諸国、アフリカ、中東をはじめとするLPA-CGR avocatsの各事務所とも緊密に連携し、クロスボーダーの企業法務をサポートします。

理念

お客様のニーズを理解し、法律とビジネスを常に俯瞰し、実務に即したソリューションを提供することを目指しています。